2017-07-11

終焉はよ

勿体ないかもしれないけど、その状況は自分で撒いた種なんだから
全て自分で処理させろって言ってんのに、わかったと言いつつ
現場に行って物を動かしたら手首を捻っただの何だの悪態をつく。
だからもう放っておけって言っているのに、何で自分から
余計なことを背負い込むのか。

高が一時間程度とは言え、毎日のように愚痴に塗れた内容の電話に
付き合わされるとこちらの精神も変調をきたす。
今じゃ呼び出し音が鳴るだけで、顔が歪むパブロフの犬。
せめて本当に大事なこと以外はメールで済ませてくれると
少しは楽になるのだが、歳を理由に使えないの一点張り。
本題に入るまでに自分が取った行動をすべて思い返して喋るものだから
どうでもいい内容が多すぎるし、よく脱線する。
昼飯どこで何食ったとか聞いても意味がないし、知りたくもない。
そしてそれを指摘すると例外なく文句を言う。面倒臭い。

そもそも前回のときにきちんとアフターフォローしていると
思ってたのに、自分のやり方が正しいとばかりに角付きあわせて、
何も矯正できなかった時点で、失格にも程がある。
二分の二で屑を生産するとは、酷い掛け合わせもあったものですな。

今だから言えるけど、初めての転勤で一人暮らしを始めたとき。
不安よりも何よりも開放感が凄まじかった。
足音忍ばせていきなり引き戸を開けられるようなイベントもなく、
引き出しに仕掛けた紙縒りが千切れていて嘆息することもない。

思い込みのすごさ。言ってることは矛盾しているはずなんだが、
そうと気付かないぐらい自分を騙しているのか、余りに堂々としていて
こっちがおかしいのかと思ってしまう。
敵の敵は味方みたいな歪な力関係が生んだ幻想に酔ってるだけとしか
思えないのだが、爆発物処理のようなリスクを背負ってまで、
解明するようなことでもなし。

Copyright (C) Stylegraph Annex. All rights reserved. Template by Underground